優良有能な人材を全国へ派遣|我々は東京電力福島原子力発電所・大型解体工事・各種特殊工事などでの実績があります。他社がやらない工事にも挑み続ける事で皆様から必要とされる安心優良企業を目指しています。国内外の優秀な職人を自社で育成することで国内優良企業に協力するのが我々の使命です。香川県

優良有能な人材を全国へ|中西産業株式会社

中西産業株式会社 優良な人材を国内優良企業に協力するのが我々の使命です パンフレット取得 お問い合わせは0877-43-2045
トップページ会社概要社長挨拶|中西産業株式会社国内事業の案内|中西産業株式会社国外事業の案内|中西産業株式会社お問合せ


国外事業
ミャンマー発展への架け橋として、 日本の先進技術を伝えます!
今、なぜ、ミャンマーなのか

・ミャンマーでは子どもの時から、仏教文化が根強く浸透している。
・古くから日本との友好関係が築かれていて、親日家が多いお国柄である。
・典型的な農業国であり、日本人にも近い勤勉で穏やかな気質である。
など、ミャンマーの人々は、「相互扶助」の精神が非常に高い、素晴らしい国民性であります。近年、民主化された事により、世界中から注目を集めているミャンマーは、「ラストフロンティア」と呼ばれ、今後の経済成長が大いに期待されています。
現在はインフラ整備、電気・通信の開通、幹線道路の整備などが次々に計画され、その後のビル建設計画、都市開発計画などはおよそ30年は続くと言われております。
この数年間で、ミャンマーにはアジア諸国が集まり、すでに様々な開発計画の受注競争が激化しているのです。しかし、他のアジア諸国は、建設工事における労働者を、自国から派遣する 考え方が非常に多い実態があります。
ミャンマーにおいては技術の向上にも、 雇用の創出にもならず、将来を見据えたミャンマーの発展にはなりません。
一方、日本は今まで、アジア諸国の発展の為に、現地で技術を伝え、人材を育て、企業を育て、経済支援・技術協力を行って来ました。その経緯を知って いるからこそ、ミャンマーは今、日本を必要としてくれています。
世界でも トップレベルの日本の安全技術、施工技術をミャンマーへ伝える為、中西産業は両国の架け橋になる事を決意しました。

2013年10月より、ミャンマー建設協会(MCEA)からの要請で、日本人と しては初めて、ミャンマーで建設技術の講習会を行い、人材育成をスタートしました。
しかし、大きな問題がありました。ミャンマーで技術を伝え、人材を 育成していくには、時間も場所も、設備も圧倒的に不足していました。効果的 な技術の取得を進めるには、日本で実践的な育成を行う必要がありました。
そこで、ミャンマー建設協会(MCEA)と協力し、働く意欲に満ち溢れた今後のミャンマーを背負って行く若者たちに日本に来てもらい、日本の技術や知識を習得してもらう事になりました。
今後もミャンマーから継続的に人材を受け入れ、ひとりでも多くの優秀な技術者を育成していきますまた、ミャンマーにおいても、ミャンマー建設協会 と協力し、建設技術を学習する為の学校を開設する予定です。
日本で立派な技術者となってくれた彼らが、ミャンマーへ帰った際には、中西開発として、日本の技術水準で、日本の技術者として、ミャンマーの発展に貢献してくれる事を目指しています。

中西産業株式会社



ミャンマーの建設現場 ■高所での作業ミャンマーでの高所作業現場。安全の配慮が不足しています。■軽装な作業員ミャンマーでの建設現場。サンダルでの作業 中には裸足の作業員もいます。■危険な足場架設実際の建設現場での足場架設。多くが竹を利用する。雨が降ると転落事故が頻繁に発生し非常に危険です。 中西産業の取組 ■建設協会に加盟 ミャンマー国内で3,000社の建設会社が加盟している MCEA(ミャンマー建設協会)に加盟しました。日本の建設会社としては初めてであり、唯一であります。■有益な企業交流建設協会での檀上にて「ミャンマーと日本、両国の建設会社の経営者として、よりよい企業 間交流の発展に貢献できるよう、尽力していきます。■建設人材の育成 MCEA(ミャンマー建設協会)と共同で、建設人材の研修を実施。ミャンマー建設人材の資格制度の整備へ向けて、現在も進行しています。 中西産業の取組 ■学校の開設 今はまだ計画段階ではあるが、今後広く建設 技術や知識を習得してもらう為にMCEAと協力し学校を設立する予定です。■研修の実施MCEA登録の建設会社から参加している建設作業員へ、日本の建設における安全と技術について日本人として初めて講義を実施しています■技能実習の実施現地で使用されている足場架設にて、技能実習を実施しています。 未来の若者との「絆」

お問い合わせは0877-43-2045

中西産業株式会社

研修センターを新設 研修センターを新設 中西産業の取組 研修センターを新設
ミャンマー現地法人設立	中西開発 CO.,LTD

中西開発 CO.,LTD
ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市パベーダン地
区28番通り4階186番地
TEL:09-3017-2526


NAKANISHI KAIHATSU Co,.Ltd
No.186, 4th Floor, 28Street, Pabedan, Township, Yangon, Myanmar
TEL:09-3017 2526

ミャンマー基本情報
国名 ミャンマー連邦共和国 Republic of the Union of Myanmar
国土面積 68万平方キロメートル(日本の約1.8倍)
人口 5,141万人 (2014年9月(ミャンマー入国管理・人口省暫定発表))
首都 ネーピードー Naypyidaw ※旧都:ヤンゴン Yangon
民族 ビルマ族(約70%)、その他少数民族(全135部族)
言語 ミャンマー語、英語
宗教 仏教(90%)、イスラム教、キリスト教
日本との時差 △2.5時間 (飛行時間は直行便で約8時間)
気候 3月下旬から5月上旬:暑季
5月中旬から10月中旬:雨季
10月中旬から3月中旬:乾季
略史 諸部族割拠時代を経て11世紀半ば頃に最初のビルマ族による統一王朝(パガン王朝、1044年〜1287年)が成立。
その後タウングー王朝、コンバウン王朝等を経て1886年に英領インドに編入され、1948年1月4日に独立。
1997年7月ASEANに加盟。
国家元首 テイン・セイン大統領(2011年3月30日就任・任期5年)
通貨 1チャット=約0.1円(2014年1月)
特長 長所:
・勤勉、低廉、かつ豊富な労働力。特に縫製業では中国やベトナムに次ぐ候補地の1つとして注目される
・日本向け特恵関税の活用
・豊富な天然資源(農業、水産物、天然ガス等)
短所:
・電力などインフラの未整備、外貨送金規制など。
(注)欧米による経済制裁もあったが、ほぼ解除・停止している。
ただし、米国財務省外国資産管理室が管理するSDNリスト(個別経済制裁リスト)掲載者には米ドル送金ができないなどの問題が残っている。


お問い合わせは0877-43-2045

中西産業株式会社|香川県


中西産業株式会社|香川県
ページTOPに戻る
ホームページ制作は株式会社コンチネント